スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体験学習に密着!


よなばる観光まちづくりネットワーク



2014-8/31(日)  漆喰シーサー作り体験学習に密着!

コミュニティセンターで午後の1時から3時30分で行われました。

今回は、沖縄県の地域活性化事業の一環として補助金が利用され、参加費が300円/人 と言う価格で、とても参加しやすい条件になっています。日頃の価格は、1200円/人 くらいかな?

613.jpg

は~い、皆さーん! “奥原せんせい” の言う事をよーく聞いて“漆喰シーサー”を作りましょう。

620.jpg
624.jpg
629.jpg
630.jpg
644.jpg
648.jpg
652.jpg
659.jpg
657.jpg
661.jpg
668.jpg

みんな上手だねー。

“チョコ”色のシーサーは、おいしそー!

最後の写真のシーサーは、“サンシン”持ってるよ!

みなさ~ん!  「大変良く出来ました!」(よなかんたろう)より

次回は、来月 『なかむら菓子店』にて “こんぺん”つくりですよ。



よなばる観光まちづくりネットワーク

スポンサーサイト

ネイマール!

よなかんネット→HP

よなばる観光まちづくりネットワーク

2014-8/28(木) ネイマール

610.jpg
611.jpg

サッカーワールドカップは、終わっちゃったけど。
沖縄に“ねいまーる”が居た~。

これって“ねいまーる”って読むよねー!

さて、どこの港にあるでょう。
皆さん、探してみてね。


よなばる観光まちづくりネットワーク

第19回綱がるちゃんぷるー市&第13回綱がる軽便市


よなばる観光まちづくりネットワーク

8/24(日)  第19回綱がるちゃんぷるー市&第13回綱がる軽便市


604.jpg
605.jpg
606.jpg
607.jpg
608.jpg
609.jpg



午後三時頃の風景です。
今回は、遅めのスタートと言う事と場所が水路沿いなので雰囲気がいつもと違います。
お客さんがたくさん来ていただけるのか心配でしたが、なかなかの盛況具合でした。

午後八時の終了間近かには、ちょっとだけ打ち上げ花火があがりました。

11月頃に予定されている。軽便駅舎お披露目の予行演習だったのかのなぁ?大成功ですね。

“よなばる観光まちづくりネットワーク 一般部会”は、㈱getのブースを利用して、第二回集中アンケート調査を行いました。


“ぜんざい”に関するアンケートです。

アンケート結果は、↓ ↓ ↓
 アンケート 集 計 結 果 


ご協力頂いた皆様ありがとうございました。



よなばる観光まちづくりネットワーク

続きを読む

第四回定期役員会議


よなばる観光まちづくりネットワーク




2014-8/19(火) 第四回定期役員会議です。

602.jpg
603.jpg

1.軽便鉄道100周年記念事業への意見
   ・与那原駅舎開所記念式典
   ・軽便市の開催
   ・東浜水路でのカヌー体験
   ・与那原駅舎へのプロジェクションマッピング
  ※以上を企画観光課から(案)として発表がありました。

2.ガイド研修の件
   9/6(土) 9:00~16:00 南城市等を視察

3.綱がるちゃんぷるー市への取り組み
   各部会で出展等の検討中

4.全体会について
   要検討。

今回は、“悟り空間 菩提樹”の下野たえ子さん(今月入会です)の出席がありました。
“菩提樹”さんのイベントへ“よなかん”は協賛することで、与那原のアピールを検討します。



よなばる観光まちづくりネットワーク

旧盆中日(なかび)のソーメン汁の謎


よなばる観光まちづくりネットワーク

8/18 旧盆中日(なかび)のソーメン汁の謎

旧盆が済んで一週間、内地企業の盆休みも終わって今日から皆様お仕事ですね。
業種的には、ずれて今日から休みの方もいるのかなぁ~?

旧盆中日(なかび)のソーメン汁についての考察!

0597.jpg

“トートーメー”のある家では、旧盆中日(なかび)には、ソーメン汁を 「ウサギル」でしょう!

各家庭でソーメン汁のスタイルは違うかもしれ知れませんが、中日(なかび)にはソーメン汁と言うのが基本型だとおもわれます。

久米三十六姓の子孫の方々は、つけ麺「冷やしそうめん」だそうです。

一般のお盆のスタイルが現在の様になったのは、近年からだと考えられています。

子供の頃、お盆の提灯や山積みの果物と重箱のご馳走に対して“そうめん汁”の質素さがとても奇異に感じていました。

祖母が「ウサンデーして食べなさい」と言われて、冷めたものを食べた記憶があります。
最近まで、これだけは精進料理的なものなのかと思っていました。

しかし、麺料理の文化を調べて見ると面白い事に気がつきました。

琉球王国時代の料理本に「如意素麵」(ルーイゾーミン)と言う料理がでています。

601.jpg

私は、この料理が、そーめん汁の起源だと考えます。
この時代のそうめんは、やまとから伝えられたとされています。
国王や貴族など一部の人しか食べられなかった料理です。

1879年に首里城を明け渡して琉球王国が終わります。
その時にお城に仕えていた料理人たちは、職を失い一般民衆の生活へ溶け込んで行きます。

新垣ちんすこうもその一つです。現在では、新垣ちんすこうを名のるのは三軒あります。
この三軒の祖先は一つで料理人だったのです。
新垣ちんすこうの様に現在まで名を残さなくても料理そのものが伝えられたと考えられます。

“喜屋武のソーメン” 南風原の喜屋武に伝わる料理です。大きなお祝いの時にしか出されない、“ソーメン”

→詳しくは、喜屋武のソーメン
601.jpg

そうです、そうめんは、豪華な料理の一つだったのです!

さらには、喜屋武のソーメンの作り方は、沖縄そばの作り方にそっくりなのです。
沖縄そばについては、また後日。

※参考文献及び資料 「大琉球料理帖 - 高木凛」  「麺の文化史 - 石毛直道」 
                 「DEE OKINAWA」 「ウチナー紀聞」


よなばる観光まちづくりネットワーク



与那原小学校の先生方を“まち歩き”へご案内


よなばる観光まちづくりネットワーク


2014-7/31(木)  与那原小学校の先生方を“まち歩き”へご案内

本日は、与那原小学校の先生方を“まち歩き”へご案内しました。


出発の前に注意事項と“よなかん”会長の松村さんのご挨拶を少々。

dscf0585.jpg

あいにくの雨模様のお天気でしたが、雨の合間を縫ってのまち歩きです。

dscf0590.jpg

みなさん足元には、注意して歩きましょうねー。

dscf0591.jpg
dscf0593.jpg

御嶽や御願所へお参りする時は、一言ご挨拶しましょう。
 “がくむんどぅ やいびーくとぅ ぐぶりーさびら”

与那原小学校の先生方 “まち歩き”は、如何でしたか?
またのご利用をお待ちしています。


よなばる観光まちづくりネットワーク

プロフィール

よなかんたろう

Author:よなかんたろう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (6)
懇談会 (2)
定期役員会議 (4)
講演会 (2)
与那原町を知るお勉強 (5)
お祭り・市 (4)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。